令和元年の納涼会・懇親会

 長かった梅雨も明け酷暑が続いておりますが、皆様体調を崩されておりませんでしょうか?瑞友会では7月27日(土)、ウェスタ川越多目的ホールにて、令和初の納涼会・懇親会を開催いたしました。

 第一部の講演会では、高崎健康福祉大学前教授の渡辺俊之先生をお招きして、「透析患者の心理とケア」についてご講義いただきました。

 日々患者様と接しているスタッフですが、患者様との関係を改めて見つめ直す良い機会をいただきました。渡辺先生、ありがとうございました。

 第二部の納涼会は、川越南腎クリニック院長 前田平生先生から乾杯のご発声をいただき、新しく瑞友会に入職した職員の紹介と、各施設スタッフの交流会として、終始なごやかな雰囲気の下で行われました。

記録的な暑さが続いておりますが、英気を養い、この夏をしっかり乗り切りたいと思います!