平成29年納涼会

平成29年7月29日(土)、ウェスタ川越多目的ホールにおいて瑞友会の懇親会(納涼会)を開催しました。
懇親会は、講演と立食パーティの二本立てで企画され、瑞友会に所属するメンバー多数参加のもとで盛大に行われました。
第一部の講演は、NPO法人ブリッジフォースマイル事務局長の菅原亜弥先生を講師にお招きし、『~児童養護施設から社会へ巣立つ子供たちへの自立支援~可能性をあきらめない!子供たちの未来を笑顔に』というタイトルで、児童養護施設での自立支援の実際について、お話を拝聴させて頂きました。現代の社会背景の下で発生する養護・支援が必要な児童に対して、一般社会への復帰を支援するために懸命に活動する団体(ブリッジフォースマイル)について報告されました。児童養護施設で生活していた利用者の一般社会復帰の必要性および団体による支援努力が、たいへんわかりやすく提示されていました。児童の自立のためには、個人の前向きな意識の発展と保持が重要であり、瑞友会の日々の診療においても患者様に対して重要な点であることが実感されました。
第二部の納涼会は、川越南腎クリニック院長 前田平生先生による乾杯のご発声を契機に、飲食を行いながら各施設の交流会として開催されました。各施設の現況報告や新人紹介を挟みながら、日頃のストレスの発散しながら楽しい雰囲気の下で行われました。

司会 新河岸腎クリニック 院長 新庄仁美先生
【講演】
『~児童養護施設から社会へ巣立つ子供たちへの自立支援~
可能性をあきらめない!子供たちの未来を笑顔に』
演者 NPO法人ブリッジフォースマイル事務局長  菅原 亜弥 先生

講演会風景



納涼会風景