人工透析について

人工透析とは

a01
腎臓機能が一時的もしくは恒久的に廃絶してしまった患者様に対して、血液の体外循環を行い、身体に溜まった尿毒素物質や余分な水分の除去、電解質やpHの調整を行う腎臓機能代替療法です。

腎臓とは

body_jinzou
腎臓は、背中の腰の高さに2個あるこぶし大の臓器で、血液をろ過して尿をつくります。
腎臓には心臓から送り出される4分の1の血液が送り込まれ、一日に150~180リットルもの原尿(尿のもとになる)が濾しだされます。大部分は腎臓で吸収され1.5リットルが尿として排出されます。
腎臓の主な働きは

  1. 尿をつくり排出する
  2. 血圧の調整
  3. 造血ホルモンを分泌する
  4. ビタミンD3を活性化(カルシウムの調整)

などです。

腎不全とは

touseki02
さまざまな要因により、腎臓の働きが不十分になった状態を腎不全といいます。
腎不全には急激に腎機能が低下する急性腎不全と、長年にわたり徐々に機能が低下する慢性腎不全に分類されます。急性腎不全は早期に適切な治療を行い、原因を取り除けば大部分の腎臓機能の回復が見込めます。一方、慢性腎不全は自覚症状に乏しく早期発見が大変困難です。長期にわたる治療と生活習慣の改善が必要で、一度失った腎臓機能の回復は困難です。
腎臓の機能が低下すると、体外に排出すべき老廃物が体内に溜まり、尿の異常、部分的なむくみや高血圧になり、末期になると尿毒症症状が現れます。末期の治療法は腎臓移植であり、人工透析は腎臓の機能を肩代わりする代替療法となります。
腎臓の機能が本来の10%以下に低下すると、血液のろ過が十分に行なえません。そこで人工的に血液の浄化を行うのが人工透析です。

以上のように、末期腎不全の患者様は腎臓移植を行わない限り、長期にわたる人工透析を受ける必要があります。
当院は人工透析に特化した医療を提供します。
当院の透析は日本透析医学会を含む各関連学会のガイドラインに倣いながらも、各患者様の状態を考慮し、オンラインHDFや腎臓リハビリテーションなど常に新しい知識や技術を学び、標準かつ最新の知見を取り入れた透析を提供すべく努力しています。