瑞友会について

 

医療法人瑞友会 理事長 諏訪多 順二

医療法人瑞友会 理事長 諏訪多 順二

医療法人瑞友会は平成15年に透析専門の施設として新河岸腎クリニックを川越市に開設して以来、埼玉医科大学総合医療センターをはじめ、近隣の病院とも緊密に連携し、透析医療のあらゆる問題に遅滞なく対応することを目標に努力してまいりました。さらに人口の高齢化による社会のニーズに対応するための介護部門を創設しております。この間、スタッフ一同、地域に密着し、患者さんお一人おひとりの気持ちや意思を尊重した医療の提供に心掛けて参りました。私たちの地域医療に対する基本的な姿勢を、医療法人瑞友会の理念・診療方針に明確にし、今後とも努力して行く覚悟です。

理事長 PROFILE

1979年埼玉医科大学卒業
1985年東海大学腎センター
1987年埼玉医科大学総合医療センター
1991年スウェーデン、カロリンスカ研究所留学(移植外科)
2003年新河岸腎クリニック開設
2007年まごころ介護サービス開設
2009年川越南腎クリニック開設
2013年有料老人ホーム J’sハウス川越新宿開設
2015年ふじみ野腎クリニック開院

外科、泌尿器科
(埼玉医大総合医療センター外科非常勤講師、更生医療認定医、透析専門医、日本医師会認定スポーツドクター)

医療法人瑞友会の理念

一人ひとりの生きがいや想いを大切にし
医療に関わる者としての使命感を持って
地域社会に密着した透析医療の総合的なパートナーとなりうる
医療機関を目指しています

診療方針

  • わたしたちは、患者さん個人の尊厳を大切にして診療を行います。
  • 心に余裕をもって、常に相手の気持ちを考えた医療を行います。
  • 正しい知識に基づいた医療技術の向上のために努力します。

扶氏医戒の大要12箇条

瑞友会 3つのクリニック

新河岸腎クリニック

川越南腎クリニック

ふじみ野腎クリニック

 

瑞友会では各クリニックから半径5km圏内を目安に、無料送迎のサービスも行っております。

無料送迎の詳細はこちら

 

設備の特徴

image4
瑞友会では透析装置に加えてより快適な透析を受けていただくために次のような点に配慮しました。

エンドトキシン対策

皮膚のかゆみ、手根管症候群、低血圧といった不愉快な透析合併症の原因とされるエンドトキシンを4重の対策で除去するように努力しています。(新型RO、1次、2次カットフィルター、高速テフロンチューブ配管)

3モーターベッドでの透析

透析中に背中を倒したり、足を上げたりの体位変換が手元スイッチを使って自分で簡単に操作できます。

腎臓リハビリテーション

透析施行中にエルゴメーター(自転車を漕ぐような機器)により、ボルグスケール7程度(楽な程度)の運動をすることをお勧めしております。20分間、透析中に週3回行うことで体調がよくなるなどの効果があります。